検索
  • 裕典 小林

保険料の減免制度を活用しましょう

みなさんこんにちは。

12月に入り気が付けばもう年末ですね。

今年は新型コロナウイルスによって振り回された一年だったという方も多いと思います。

私も同様です。


さて、

先日私は杉並区議会の先生が主催する勉強会に行ってまいりました。

そこで杉並区では、この新型コロナウイルスによるコロナ禍に応じたさまざまな制度が用意されていることに改めて気がつくことができました。


最近は全国的に持続化給付金や家賃支援給付金など給付金もたくさんあって

それにかかる詐欺のニュースが紙面にのあがることも多くなりました。


今回、改めて気が付いたのは「保険料の減免制度が用意されている」ということです。

具体的には、介護保険料・国民健康保険料・後期高齢者医療保険料の減免制度です。

令和二年中の収入が「3割以上減収が予想される」などの条件を満たす方は、

申請すると、令和元年度及び令和二年度分の保険料が減免されるというものです。

それぞれに細かい条件があります。

条件はありますが、コロナ禍で収入が増えることを期待できないのなら、支出を減らして対応するしかありません。であれば申請してみる価値はありますよね!?

このような制度自体何も知らないという方々も多いのではないでしょうか?


こういった行政への申請は行政書士にお任せください。

当職へのご相談は随時受け付けております。

ご相談は無料でお受けいたしております。

プライバシーは完全に守ります。

安心してご相談ください。ご連絡お待ちしております。

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんばんは

いつもお世話になっております。 三毛猫法務行政書士事務所の行政書士 小林 裕典 でございます。 都合により、誠に勝手ながら 明日10月28日(木曜日)より10月31日(日曜日)まで、 お休みをいただきます。。 事務所業務は11月1日(月曜日)13時以降に再開予定でございます。 お急ぎの方にはご迷惑をおかけいたしますが、 何卒、ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

月次支援金について

皆様、おはようございます。 久しぶりの更新になります。 新型コロナウイルス感染症の感染爆発が起こって以来、 基本的に外出を避け、 仕事上、必要最小限の行動でひっそりと過ごしております。 さて、これまで一時支援金の時より 「支援金を始めて申請される方」向けに 事前確認と確認通知番号の発行をさせていただいてまいりました。 発表では、9月分の月次支援金まで行う予定のようです。 毎月のように、申請締め切り