検索
  • 裕典 小林

遺産分割協議書作成のご依頼

開業して間もないころのご依頼でした。 KT様ありがとうございました。

今回は、数年前にご主人が他界されたことに伴う遺産分割について、相続人間で話が、まとまっているとのことでしたので、ご依頼人様本人と相続人様全員にはお電話、メール等で今回の遺産分割協議の内容について、意思確認と内容の確認をさせていただきました。(過去にお会いした時にあったお話でもありましたし、遠方のお客様でもありましたので、新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防措置も兼ねて、改めて相続人様全員の面談は致しませんでした。)

書面は郵送持ち回りで署名・押印と必要書類(事前に案内させていただきました)をご提出いただく方式をとらせていただき、ご依頼から納品まで約三週間で完了いたしました。


今回の業務を通じて改めて思うことがあります。

それは、ご家族のコミュニケーションがスムーズにとれることの大切さです。

今回はご家族・相続人様の意思がまとまっていて、とても気持ちよく仕事ができました。

相続人様は日本全国に散らばっていたにもかかわらず、事前にご案内させていただいた必要書類を何の問題もなくスムーズにご用意いただけたことが本当に素晴らしい。

心より感謝申し上げます。

私も、いつも今回のような円満な結果に導くことができるように、今後とも精進してまいります。また、今後のお手続きや必要なアドバイスはいつでもいたします。ご遠慮なくお申し付けください。

もちろん、必要に応じて他の士業様とともにご対応させていただくこともございます。


今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

「気持ちの持ち方」について

こんにちは。 ブログ更新、お休みが少々長くなってしまいました。 フェイスブックの個人記事には書きましたが、北海道まで帰省していました。 さあ、今日からまた再開します。 前回は、相続の生前対策がなぜ大切かについて書きました。 今回は「気持ちの持ち方」について考えてみましょう。 家族の誰かが亡くなるということは、実感がなく想像しにくいものです。 それは、危篤の親を目の前にしても同様なのです。 なぜなら

「相続対策って言われても、どういう向き合い方をしたらいいかわからない」

皆さんこんばんは。 「相続対策って言われても、どういう向き合い方をしたらいいかわからない」 というお話をよく聞きますので、そのことをお伝えします。 今回は、「どうして生前対策が大切なのか」を考えてみましょう。 「相続対策って言われても、どういう向き合い方をしたらいいかわからない」 本当にそうですよね。 それはたぶん、家族の死というものに対して実感がなく、 漠然としていて感覚的に掴みどころがない、そ

お知らせ

皆さんこんにちは。 今回はお知らせです。 来月(2020年10月)から在留資格申請業務を開始いたします。 皆様、外国人のお友達や配偶者の方の在留資格のことで ご相談がございましたら、お気軽にお声をかけてください。 もちろん、これまで通り相続・生前対策についてや、 暮らしの中のちょっとしたご相談なども、随時承っています。 どうぞお気軽にお問い合わせください。

080-5112-5780

Fax:03-3398-0005

東京都杉並区荻窪3-16-11

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

©2020 by 三毛猫法務行政書士事務所。Wix.com で作成されました。